ダイエット

慢性的な不調がある人は浮指が原因かもしれない

足首と足指に注目して、ケアをしたことはありますか?

足の指は浮いていませんか?この状態を浮指(うきゆび)」といい、万病の元と言われています。

きちんと足指が使えていない人に限って、使えていないことに気づいていません。

そして関連した足首は「関節の土台」といわれていて、柔軟性がないことで、浮指に拍車がかかり、全身に影響を及ぼします。

それは全身の関節が硬くなり、肩こりや腰痛、そしてボディラインが崩れてしまいます。

慢性的な不調の原因が浮指にあるとしたら、それが簡単なケアで改善できるとしたら、やってみたいと思いませんか?

慢性的な浮指によって起こりうる不調

浮指になるとどんな不調がおこるのでしょうか?

  • 全身のむくみ(特にふくらはぎ)
  • ひざ痛
  • 腰痛
  • 前ももの張り
  • 肩こり
  • 首こり
  • 血行不良
  • など

ざっと書いてみましたが、むくみ・こり・関節痛は土台である「足首」が原因であり、その原因が「浮指」と考えられます。

同時に多くの人がこのような症状に悩んでいます。

他にも足の筋肉(時に前もも・ふくらはぎ・すねなど)が硬くなる、骨盤の傾き・反り腰・冷え性・巻き爪など。

もちろん他にも原因があるかもしれませんが、まずは浮指・足首が動くかどうか確認してみましょう。

慢性的な不調の原因の浮指の原因をチェック

実際、足首・足指がどのくらい動けば正常なの?

なかなか他人と足首・足指の動きを比べたことがない、という方は次のチェックをしてみてください。

当てはまれば当てはまるほど、動いていないく、浮指の可能性が高いです。

  • 上記の不調がある
  • 足首・足指が意思通りに動きづらい
  • (足指じゃんけん・足指で物をつかむなど)

  • 歩幅が小さい
  • 足指を使って歩いていない
  • 先がとがったパンプスを履く
  • 高いヒールを履く
  • ひもが長すぎるリュック
  • 筋肉量の低下

ちょっと分かりずらいかもしれないので、具体的なチェック法は足の指に力が入るかどうか。

フローリングに、ティッシュを1枚置いて、足の指の力だけでそのティッシュつかめますか?

もしつかめなかったら、指の筋力が落ちている可能性があ、意思通りに動かなかったり、足指を使って歩いていないことになります。

結果歩幅が小さくなり、ふくらはぎの筋肉が硬直しはじめ、むくみやすくなります。

足指を使って歩いていない人は、その手前の「足の腹」を使って歩いているのです。

裸足になると分かりやすいです。

またむくみやすい原因は「ふくらはぎは第二の心臓」とも言われていますが、老廃物を流すためのリンパのポンプの硬直です。

硬直して動かない状態であれば、ポンプはポンプの役割を果たせず、老廃物を流せずにため込んでしまいます。

だからむくみやすくなるのです。

そして筋肉の硬直は、足もつりやすくなるので、いいことはありません。

慢性的な浮指は美脚から遠のく

浮指・足首が動かないと、なんと美脚になれません。

浮指・足首がスムーズに動かないと、どんな足になるでしょうか。

  • ふくらはぎがむくみむ→太くなる
  • 前ももの筋肉が発達→太くなる
  • ひざ上にむくみや脂肪が溜まりやすくなる→ひざが見えなくなる

関節の土台の足首が硬いということは、股関節にも負担がかかり、硬くなります。

股関節には、下腹部から下の老廃物の出口である「そけい部リンパ」があります。

ということは、下腹部から下の老廃物が出にくいということ。

足だけではなく、お腹ポッコリまたは腰回りの脂肪にも影響してします。

どんどん溜め込んでしまう体になってしまいます。

そして前ももばかり使い、後ろももの筋肉(ハムストリング)を使えないような歩き方をしていると

ヒップが下がってきてしまうので、ボディラインが大きく崩れます。

そして血流が悪くなることで、セルライトがつきやすくなり、より痩せづらくなります。

今まで、どんなにがんばっても、足が痩せなかったという人はアプローチ法を変えてみてはいかがでしょうか。

また前ももの張りは、他にも原因があって、足首・足指が柔らかくても前ももが張っているという人は

胃に負担をかけていないか、確認してみましょう。

前ももは、東洋医学でいう「経絡」で考えると、胃の経絡に当たります。

  • 暴飲暴食
  • 深夜の食事
  • よく噛まない
  • ストレス過多

不規則な生活・食事の時間がしっかりとれずに飲み込むように食べるなど

心当たりはありませんか?

ストレスで穴が開く人もいるように胃の負担をかけます。

胃と肩こりの筋肉は、同じ筋膜で覆われています。

なので肩こりにも影響してしまいます。

生活スタイルをダ応しても変えられないのであれば、せめてよく噛むなど

できることからはじめましょう。

慢性的な浮指は自律神経のバランスにも影響

本来動くはずの足首・足指が動かないということは、体にとっては不自然な姿勢を保とうとしている状態になります。

それは体にとって、ストレスがかかり、全身の筋肉が硬直します。

それが肩こり・首こり・背中の張りの原因にもなってくるのですが

そうなると、背骨の隣の脊柱起立筋が硬くなります。

それは何が問題なのかというと、背骨の中に自律神経が通っているから。

近くのものは、お互いに影響されるので、もちろん自律神経も張ってしまい、交感神経緊張型になりバランスを崩してしまいます。

交感神経緊張型になるということは、仕事とプライベートのスイッチのオンオフがうまくいかない状態。

常に気が張っていて、オンの状態。それではうまく休息もとれません。

交感神経緊張型の症状

  • 気が張っている
  • 血行不良
  • 冷え
  • むくみ
  • 不眠
  • 疲れが取れない
  • 消化不良
  • ホルモンの乱れ
  • 月経不順
  • 満腹中枢の乱れからくる肥満
  • ほてり
  • うつ

など

他にも数え切れないほど、たくさんの症状が出ます。

自律神経が乱れるということは、内臓の働きのバランスが取れていない状態。

想像するだけで、いろんな不調が出てきそうですね。

慢性的な浮指をケアして健康と美容を手に入れる

足首・足指が全身に影響することは理解できたと思います。

そのケアの方法を具体的にご紹介します。

  • 足指の筋肉をつける
  • 足首を念入りにストレッチ
  • 普段の歩き方を、足指・足首を使えるように、意識的に大股で歩く

足首の筋肉をつけつためには、まずは動かすことが重要。

小指まで意識を向けられていますか?

  • 足指じゃんけん
  • ティッシュを足指でひろう
  • ティッシュを足指だけで寄せ集める

これを足がつらない程度に繰り返すことが、足指の筋トレにつながります。

そして足首を丁寧に両手を使って動かしましょう。

手を使わずに、足首だけくるくる回すだけでは効果が薄いです。

浮指ケアをして慢性的な不調にならない予防策

予防するためには普段から足首・足指の意識を向けることが大切。

足指の筋肉がついたら、足指で大地をつかみ、蹴り上げるようなイメージで普段の歩きでも足指が使えるようにします。

すると自然と歩幅が大きくなり、後ももの筋肉(ハムストリング」も使えるようになるので、ヒップアップも可能です。

歩幅が大きくなると、足首も自然と動かざる負えなくなるので、いいループに入ります。

自分だけではチェックができない場合、二人一組になってチェックしてもらうのもいいですね!

また食べものは薬膳の食べ物も意識的にとりましょう。

巡りをサポートする

  • お酢
  • 玉ねぎ
  • ターメリック
  • 黒きくらげ
  • ラッキョウ

体を温める

  • さんしょう
  • にら
  • 唐辛子
  • こしょう

今の生活で、できることからはじめてみましょう。